FC2ブログ

パリ便り(2020年6月)

20200701.jpg
            シャンボール城

          
2020年6月28日

今月になり外に出やすくなったので、友人に誘われロワール地方のお城巡りに行ってきました。調べてみると、まだ閉まったままのお城や週末限定、時間がいつもより短いところもありましたが、大体は空いていて観光客がいなかったのでとてもスムーズに回ることができました。
ロワールのお城にはいつか行きたいと思っていたのですが、今回、本当に行って良かったと思うほどに素晴らしかったです。パリから車で約2時間半くらいで近く、丸2日間で十分に楽しむことができました。
たくさんおすすめはあるのですが、3つに厳選して紹介をさせて頂きます。

20200701_2.jpgまず1つ目は、シャンボール城。この地方で一番有名とも言える巨大な美しい建築のお城です。フランソワ1世がイタリアからあのレオナルド・ダヴィンチを招いて作らせたそうです。たくさん魅力があるのですが、中でも入ってすぐにある螺旋階段(上り下りを相手に出会うことなく同時にできる階段で画期的な発案)や、テラスから眺められる広大な敷地、お庭は圧巻でまるで貴族になったかのような気分でした。


20200701_3.jpg2つ目はヴィランドリー城のお庭です。初めてフランス式のお庭を見ましたが、本当に言葉を失うほどに美しかったです。一緒にいたフランス人の友人も「色んなお庭を見てきたけど、ここが1番だわ。」と言っていました。手入れが素晴らしく、形・長さがきっちり整えられていて、湖のような大きな池には美しい白鳥もいて、ここで1日中過ごせると思えるくらいの心地よさでした。


20200701_4.jpg3つ目はブロワ城で開催される夜のライトアップです。夏は日が沈むのが遅く22時半からだったのでブロワ城近くのホテルを予約して、お昼に城内を回って夜に再び来ました。ブロワの街の歴史のストーリーを上映したもので、お城の細部にまでマッチしていてよく出来ていて素晴らしかったです。城の真ん中に立ち、360度囲まれたお城に映し出されたプロジェクションマッピングを見るのはとても贅沢な気分でした。

その他にも眠れる森の美女のモデルとなったユッセ城、今回は閉まっていて行けなかったシュノンソー城もとても有名で、まだまだ素敵なお城がたくさんあるので、また絶対戻ってきたいと思いました。お城によってそれぞれ個性・特徴があり、その背景から歴史を学べるのと、周りにある街々もとても可愛くて雰囲気があり、自然を感じられるので本当におすすめです。




ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/

 


パリ便り(2020年5月)

20200507.jpg

          
2020年5月5日

いつの間にか5月になり、フランスもこれ以上の外出制限は経済的にも人道的にも限界があるとのことで11日から徐々に制限解除の動きが出るようです。
それでも学校は中学校以上はまだ閉まったままで週に一回の登校、仕事もテレワークが可能なら6月まで引き続き行う、美術館、レストラン、カフェを含む人が集まるところは6月以降の再開を今後状況を見つつ変更していくなど段階的に進むようで、レストランが閉まっているならホテルの開業は難しいと思うので普通に働けるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。
それでも距離や時間、警察の目を気にせず外出できるというのは嬉しいことで、期限が見えてきたので少しホッとしています。

外出制限が出たことで自由な時間がたくさんでき、働いている時よりもフランス語に触れる時間を持てるようになりました。
色々とやってみた結果、今落ち着いた勉強法を少しご紹介してみたいと思います。
まず、外出制限が出て始めに色んな映画やドラマを見たりしていたのですが、やはりまだまだ基本的な単語が理解できていないので語彙を増やそうと始めたのがこちら。

20200507_2.jpgこのCLE progressif du françaisの種類はグリーンの文法本など色々とありますが、この本の良いところは本を購入するとインターネット、携帯電話から専用サイトにアクセスして練習問題が出来ることです。この本で学んだことをさらにサイトで問題を解くことによって理解度のチェックと知識の定着になると思います。本自体もちょっと可愛いイラスト付きで分かりやすく、生活する上で絶対に必要な単語がシーン別で載っているのでかなり使えると思いました。単語にちなんだフランス語の表現も載っていて、興味深いです。 あと、フランス語の聞き取りが一番苦手でアドバイスを受けて始めたのが、RFIのサイト(savoirs.rfi.fr)です。このサイトは本当に使えます!たくさんの時事問題や生活等の項目から音声や文章を選ぶことができますが、私は主にMenuのApprendre et enseigner le français の中のcomprendre le fait du jour から選んで聞いています。勧められたのが、①まず記事の題名、プチ情報、キーワード(lexique)に目を通す。②何回か内容が大まかに分かるまで聞く。③その後理解度チェックの問題を解く。④もう一度transcriptionと一緒に音声を聞いて知らなかった単語や表現をメモする。このサイトの良いところは、フランス語を勉強している人向けのニュース(速すぎない、易しめのフランス語)が聞けるのでテレビのニュースを聞いても難しく感じる私にとって良かったのと、自分の興味のあるニュースを短い時間(1分ちょっと)で聞けて後でニュースを文章にしたもの(transcription)で単語や表現を確認して調べることができるのでとても効率が良くサボりたがりの私でも続いています。 
主にこの二つだけをやって、たまに気分転換に映画やテレビ、本を見るようにしています。語学の勉強は時間がかかるし地道なことですが、無理せず楽しく続けられるようにしたいと思います。また仕事が出来るようになった時に前よりもみんなの会話が理解できているように、その時を楽しみにしたいと思います。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り(2020年4月)

20200410.jpg
            パリの自宅にて

          
2020年4月9日

世間でいうロックダウン(外出禁止・制限)の状態になってから3週目に入りました。
今思い起こしてみると、1週目はこれからどうなるのか不安に駆られたり、せっかくできた1ヶ月以上にもなる自宅での時間を有効に有意義に使わなくてはと焦っていました。
せっかくのこの機会に!と新しく何か始めてみてもなかなか続かなかったり、1ヶ月以上も暇があると思うとすぐにやる気にはならなかったりして、まずは身近な生活の部分から、普段よりもお料理に時間をかけてみたり、見たかったドラマや映画をみたり、3日に1回ほど外に出て自宅周辺のウォーキングで体を動かしたり、買い物に出たりしていました。
スーパーマーケットに行くとまず人数制限が設けられていて入るのに並び、入店すると入り口に殺菌ジェルとゴム手袋が置いてあって、それを見張りの強面なムッシューに指示を出されてしないと買い物ができないという感じでした。
初めの週はパリの人たちも慣れない状況に苛立ちを隠せない様子で、スーパーのレジに並んだ並んでないで喧嘩が勃発したり、スーパーのマダムに自動レジ機のエラーが出て尋ねると、そんなに近づいていないつもりが私から距離を置きなさい、離れなさいと強い口調で言われたりと私も含めイライラする状況で買い物に行くだけで疲れてしまっていました。
それでもいつも行くパン屋さんではバンダナをマスク代わりにして“KEEP SMILING”の精神で笑顔でパンを売っている姿に勇気をもらったりこんな状況でも売ってくれてありがとう、頑張ってね、とお客さん&店員さん同士声をかけ合う姿にフランス人の良さを感じました。

2週目からはみんな家族で過ごすのも飽きてきたのか、仕事場の仲間や友人から電話がかかってきて、皆それぞれ1週間経った状況を報告しあったり、励ましの言葉をかけ合って、自宅待機中何をしたか、笑ってポジティブになれる動画や癒されるビデオ・音楽など暇つぶしに良さそうなものを送りあったりしました。
私個人では色んな動画を見たり本を読んで感化され、また自分と向き合う時間が多くなったため、ノートに色んなことを書いたり、自分が感じていること、今何ができるか、外出制限が終わったら何をしたいか、これから何を大事にして生きていきたいか等々を日々考えて、自分が本当に好きなもの、大事にしていたものを思い出すようになりました。やるべき事がなくなると本質的に何がしたいのかが見つかるのかもしれません。
また、子どもの頃以来していなかったデッサンを色鉛筆でしてみました。
色々と飽きた時の時間つぶしに丁度良いので気が向いたらちょこちょこしたいと思います。

先週の6日から買い物でちょっと家を出る際にも外出証明書の記入が必要になり、名前、生年月日、住所、何の目的で外出するのか、日付・時間・サインを書いて持って外出し、警官に聞かれたら見せるそうです。私も大家さんからコピーしたものを数枚いただきました。
また、8日からは10〜19時の時間帯で運動目的の外出が禁止になりました。
最近パリでは25度を超える日もあり暖かくなって外に出る人が増えてきた印象があったので、やむ終えないのかもしれません。

最後に、最近見た映画でとても良かったのを紹介したいと思います。

20200410_2.jpgDany Boon監督作品の“ Bienvenue chez les Ch’tis” です。とにかくすっごく笑えます。あまりフランス映画に共感できるものに出会えていなかったのですが、今まで見たフランス映画で一番笑えました。南フランスの銀行に勤める主人公が転勤で北の地方に住むことになり、主に言葉(表現やアクセント)や文化の違いに触れた作品になっているのですが、内容はあまり難しくないし、フランス語や地域の文化の勉強にもなるのでとにかくおすすめです。沢山のフランス人から良い映画だと勧めてもらいました。俳優さんたちもとても良いです。あまりの可笑しさに一人で大爆笑して、見終わった後も思い出し笑いに苦しまされました。たまたま数年前フランス人の友人に勧められて購入して持っていたDVDを見てみたらこれも同じ監督で、ベルギーのフランス語を皮肉った作品だそうですが、このテーマが好きな監督みたいです。でも笑うポイントは人物のキャラクターやユーモアで言葉の違いによる皮肉ではないので素直に楽しめます。

まだ先が見えない自宅生活ですが、毎日好きな時間に起きれて好きな事ができる時間でもあります。皆が同じ状況なので決して悲観せずに過ごしたいと思います。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り(2020年3月)

20200319.jpg
            モンマルトルの丘からの眺め

          
2020年3月17日

最近のパリの状況、起こったことを私なりに説明したいと思います。
1月末〜2月始めにウイルスのニュースが出始めて、横浜のクルーズ船のニュースをよく見るようになりました。フランスでは気にしつつもまだ話題にする程度でした。
2月中旬ごろアジアへの蔓延からアジア人差別という言葉をよく耳にするようになり、私はそれまであまり感じていなかったのですが、2月末頃から通りを歩いている時やホテルで働いている時にお客さまから心ない言葉を言われたりして、初めは何とも思っていなかったのが、重なると自分自身もそういう態度に対して言い返せないことや言葉がうまく理解できない時の焦りや自分への苛立ちが募り、ナーバスになっていたことから必要以上に傷ついたり疲れていました。
でも近くにいる同僚はすぐに異変に気付いてくれて、話を聞きアドバイスをくれてとても励まされました。
2月末からアジアのお客さまのキャンセルが相次ぎ、3月にはアメリカがヨーロッパからの便を全てキャンセルにするということでほぼお客さまを失うことになりました。
また、イタリアに続きヨーロッパ全体にも蔓延が広がり、フランスもあっという間に深刻な状況になりました。
そして先週、大統領から全ての学校をクローズする、無駄な外出は控えるようにとのスピーチがあり、その後カフェやレストラン、美術館、エッフェル塔も全てクローズになり、一昨日に明日からホテルが1ヶ月の間閉めることになるとの連絡を受けました。
そして昨日、再び大統領から17日の昼の12時から15日間の外出禁止が言い渡され、食料の買い物と仕事のためやむを得ず職場に行かなければならない場合以外は外に出てはいけない、不要な外出をした者には罰金が課せられるとのことでした。
今日の朝出勤して急いでホテルを閉める用意をし、10時半には出るようにしてその後買い物をして明日から1ヶ月どう過ごそうかと考えています。
何よりも1ヶ月間、毎日会えていた大好きな同僚たちに会えなくなるのが本当に悲しいです。そして1ヶ月仕事もなくてずっと1人で家にいなければならない状況になったことがないので、これからどうなるのか誰にも分かりません。
でも、1ヶ月自分と向き合うお休みをもらえたと思い、出来ること、やってみたかったことをしてみようと思います。

色々ありますが、思うことはここに来て本当に良かったということです。
日本にいたら知り得なかった、出会えなかった人、文化や価値観があまりにも多く、良いこともそうでないことも毎日学ぶことがたくさんあります。
そして日本にいた頃は我慢できていたことが周りに影響されているからなのか?良くも悪くも自分でも驚くほど感情的になったりします。
本音で話すと絆が出来たりして、生きている感じがします。笑
パリにいる人たちの前向きさや思いやり、ユーモアにも毎度助けられます。ここに来る前よりもパリでの生活が本当に日に日に大事になっています。
ウイルスで大変な思いをされている方がたくさんいる中、自分は元気でいます。
早くこの状況が良くなるように、今は耐えて外出をなくし一日も早く日常が取り戻せるように願います。
そして無駄な心配はし過ぎないように。
前向きに過ごしたいと思います。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り(2020年2月 その2)

20200228.jpg
               コンコルド広場
          

2020年2月25日

早いものでワーホリ生活も残り半分となりました。
ホテルは今シーズンオフ中で比較的穏やかに過ごせていますが、来週あたりからまたファッションウィークのため忙しくなりそうです。

最近は以前からも少しずつ行っていたのですが、お休みの日に美術館巡りとカフェ巡りを始めました。
パリは本当にたくさんの美術館があり、行き始めるとまだまだ行ってみたい美術館が次々と出てきます。そして展示が時期によって変わるので、芸術、美術好きにとってパリに住むことは本当に恵まれた環境にいることだなあと感じられます。
一番最近に訪れたのは、コンコルド広場近くのJeu de Paumeです。
お客さまから良かったと聞き行って見たのですが、小さい美術館だと思っていたら思いの外盛りだくさんで、写真や動画等で説明も多くあったので、じっくり3時間ほど見て楽しむことができました。独特の世界観で新しく綺麗な美術館でした。

また、フランス人の友人から教えてもらった図書館にも行ってきました。家から徒歩10〜15分ほどの(パリ東駅近く)Médiathèque Françoise Saganという図書館で、図書カードを作ると本や雑誌は無料で、CD、DVDは年間約60ユーロで借りることができます。勉強スペース、パソコンスペース、落ち着いた雰囲気の素敵な中庭もあり、コーヒーも頂くことができます。また、館内のパンフレットを見ると平日のお昼の時間に無料で、会話、文法、筆記等のフランス語の授業を受けることもできます。最近フランス語力の伸び悩みを感じ、フランス人同士の会話についていくのにはまだまだだと感じていたので、スケジュールが合う時に参加して毎週映画も借りて見たいと思います。そのほかにも同僚から教えてもらった、Le cnamという学校のフランス語授業で社会人向けの授業(有料)があるようなので3月から試しに受けてみようと思います。
フランス語を勉強すればするほど、正しいフランス語を話す、書くことの難しさをより感じますが、また面白さもより一層感じます。
折り返し地点、半年後に成長できているように後悔のないよう日々過ごしていきたいです。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り(2020年2月)

20200210.jpg
              

2020年2月10日

2月に入りましたが、パリでは暖かい日が続いています。
先月末は就労先のホテルで従業員に向けてGalette des Roisが行われました。このホテルでは毎年1月に参加できる従業員みんなでするそうで、いつも近くのパン屋さんでケーキを購入し、ホテルのオーナーも含めてケーキを分け合って頂きます。掃除のスタッフ、ベルボーイ、レセプション等々みんなが一緒にテーブルを囲んで、普段は真面目に仕事をしているスタッフ達が笑いを交えながらシャンパンなどの飲み物と一緒にケーキを頂き、去年無事に働けたことへの感謝と今年一年の健康を願いました。ケーキの中にいくつかfèveと呼ばれる小さな人形が入っていて、これが自分のケーキに入っていたら王様、または女王となり、今年一番幸せになれるという話もあるそうです。
私のケーキには入っていなかったのですが、優しいスタッフの人が見つけた人形を初めてのGalette des Roisということで私にくれました。王冠をかぶって他にも見つけた男性スタッフと一緒に王様、王女ペアで写真を撮り、とても良い思い出になりました。

また、毎年1月に来られるアメリカ人のファッション関係のマダムに、私は初対面だったのですが、とても親日家の方で私が日本から来たと知ると、日本食レストランに行くので一緒にどうかと誘ってくださいました。チュイルリー近くのSt Honoré通りから細道(Rue de la Sourdière)に入ったところにあるJINという2014年にミシュラン一つ星を獲得したレストランで、お寿司のコースと日本酒を頂きました。ヨーロッパの食材と日本料理の融合は芸術のようにも思え、従業員はシェフはもちろん、サーバーも全て日本人できめ細かいおもてなしでとても素晴らしい時間でした。日本酒もとても美味しかったです。パリでしか味わえない日本食を頂けてとても貴重な体験になりました。

12・1月はストライキのため地下鉄が使えず、休みの日に行きたいところに行けなかったり、外に出るのが億劫になっていたのですが、もう今では通常通り使えるようになったので、今月からは美術館やカフェ、様々な施設に出向きたい思っています。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り(2020年1月)

20200117.jpg
              

2020年1月15日

あっという間に新年になりました。
クリスマスはアジアのお客さまが半分以上いらして、年末年始は世界中、主にロシアや韓国からのお客さまでした。24・25日はほぼ全てのレストラン、スーパーが閉まっていて、クリスマスに空いているのは美術館とオペラ・シャンゼリゼにあるモノプリくらいでした。

12月5日からもう1ヶ月以上もストライキが続いています。史上最長の鉄道ストのようです。
地下鉄は自動運転の1番と14番以外はほぼ止まっていて、遠くに住んでいて朝早くから出勤しなければならない従業員はホテルに泊まって働いています。
バスは日によって動く路線があったりなかったりで、待っていてもすでに満員でバス停に止まってくれなかったり待っていても全然来なかったりします。
それでも今週からは前に比べて乗れる路線が増えてきました。
初めは休みの日に行きたいところに行けずストレスに感じていましたが、歩くことで今まで知らなかった道やお店に出会えたり、前よりも少しバスに詳しくなったりと悪いことばかりではく、環境に慣れてきました。

年が明けて1月初めには2ヶ月前にチケットを購入したルーヴルのダヴィンチ展に行きました。
世界中からダヴィンチ展目的の観光客が集まっていて、平日の昼時でとても混んでいました。
レオナルド・ダヴィンチがどのようにして有名な画家になっていったのか、絵画の授業で描いたスケッチから有名な作品まで多数展示されていて、入り口にあったガイドブックには作品の詳細が書かれていてフランス語の勉強にもなりとても興味深かったです。
10年ぶりくらいにルーヴル美術館に行きましたが、結構変わっていて最新のロッカーがあったりショッピングマートがあったりと新しくなっていました。

先週からパリではセール(solde)が始まりました。いつもは6週間あるそうですが、今年は4週間だそうです。
職場の元上司に誘われて一緒に初のパリsoldeに行ってきました。ギャラリーラファイエットに行ったのですが、質の良いものが40−50%引きになっていて本当にお買い得でした。
日本でのセールは人が混んでいて服も残り物感があるのであまり行っていませんでしたが、平日だったからかあまり人がいなくて良いものがかなり値引きされていたのでとても楽しくお買い物をすることができました。

今週からまたファッションイベントのためホテルは満室になり忙しくなります。
今月末にホテルのオーナーが従業員向けにガレット・デ・ロワをするそうなので楽しみに頑張りたいと思います。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り(ストラスブール&コルマール)

20191213.jpg
              コルマール


12月10日

12月初めに2日間のお休みの間でストラスブールとコルマールに行って来ました。
本当は1週間後に行く予定だったのですが、5日から始まるストライキを避けて急遽早めに行くことにしました。
目的はもちろん、クリスマスマーケットです。
アルザス地方にあるストラスブールは、長年戦争でドイツとフランスが領有権を争った歴史があり、今はフランス国内ですが街並みや食文化などドイツの名残があります。
パリからTGVで2時間で行くことができるので週末だけでも充分楽しむことができます。

この街はクリスマスマーケットで有名ですが、食文化も魅力的で、中でもchoucroute(塩漬けキャベツを発酵させたもの、ソーセージや豚肉と一緒に食べる)と白ワインのGewurztraminerはこの地方の名物で、フランス人の上司からは、これを絶対食べてから帰ってきなさい!と念を押されました。
カテドラル(大聖堂)近くのレストランChez Yvonneで頂いたのですが、お店の雰囲気がとても良く、12時を過ぎると予約客しか入れないほどに人気で食事もワインもとても美味しかったです。
ドイツを感じさせる街並みで、クリスマスのデコレーションでさらに可愛いらしくクリスマスの雰囲気を存分に楽しむことができました。

次の日はジブリの映画「ハウルの城」のモデルになったとも言われるコルマールへ。
Strasbourgから電車で30分で着きました。
小さい街ですが、街中に行くと伽話に出てきそうな可愛い家々が並んでいて、ため息が出るほど街並みが美しかったです。小さい街なので半日で充分見て回れます。
クリスマスの時期も良いですが、機会があれば次回は夏に行ってみたいと思いました。

パリに帰着して現実に戻り、5日からは無期限のストライキが始まってもう2週目に入りました。
同僚の中には遠くから通う人はホテルに泊まったり、1時間以上かけて徒歩で通勤する人もいて体調を崩してしまったり皆疲れが出てきているので本当に早く終わって欲しいです。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/



パリ便り

これから2019年9月よりパリの4☆ホテルでワーホリビザで就労している方のパリ便りを掲載していきます。




20191119_2.jpg


11月11日

段々と寒くなり、10度を切るようになりました。
パリに来た頃は夜に眠れないほど暑かったのが、2ヶ月以上経つともうすっかり冬のようです。
最近観光目的で日本からお客さまがよくいらっしゃいます。
お天気が良くないからか、美術館に行かれるお客様さまが多いです。

今ルーブル美術館では、没後ちょうど500年目にあたり、レオナルド・ダ・ヴィンチの展覧会が開催されていてそれを目当てに世界中から人が集まっています。
この展覧会は10月24日から始まったのですが、当日券なし予約限定、始まった当初からかなりの人気で来年の1月までもう予約が取れなくなっています。
私もルーブルはしばらく行っていませんでしたが、そんなに予約が取れないならと、来年の1月初めに空いている日でチケットの予約を入れました。パリに住んでいてラッキーだと思いました。来年の2月24日までの開催で1月以降はまだチケットの予約できる日があるので早めの予約をお勧めします。

あと気になっているのがAtelier des Lumièresというデジタルアートの展覧会です。
時期によって作品が変わるようですが、来年の1月5日まではゴッホと日本の浮世絵をテーマにしたプロジェクションマッピングが開催されているので、こちらも近々に行けたらなと思っています。





ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フランスの風景

oct3.jpg oct2.jpg

oct1.jpg oct8.jpg



ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ホーム | 次のページ»