Printemps (春)

3月の声をきくとフランスは少しずつ 春が顔をだします。
私の大好きな金鳳花も・・・

春はお花がいいですね~

mar1803_1.jpg

mar1803_3.jpg

mar1803_2.jpg

mar1803_4.jpg

mar1803_5.jpg


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


新年のご挨拶


ブログ用修正_年賀状2018d




ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ノエル

今までいろいろなデコレーションがありました。
毎年楽しみですね。

noel17_1.jpg noel17_2.jpg noel17_3.jpg

noel17_4.jpg noel17_5.jpg

noel17_6.jpg noel17_7.jpg

noel17_8.jpg noel17_9.jpg

noel17_10.jpg

noel17_11.jpg



ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フランス・アイディア・コンテスト(その3)

3日目は、ミュールーズから列車でナンシーに向かいます。
駅には、素敵な柄の列車がどんどん入ってきます。

FIC24.jpg

お昼にナンシーに到着。

FIC25.jpg 

FIC26.jpg FIC27.jpg

かの有名なスタニスラス広場に面したレストランでランチです。  
FIC28.jpg

キッシュとミラベルのパイをご馳走になりました。
FIC29.jpg FIC30.jpg

サイズが日本の倍以上あるのに、フランスのマダム達はこともなげに完食。
皆スマートなのに、胃袋の大きさが違うのかとびっくり!
ミラベルのパイは初めてのご対面。とっても美味で感激!
日本ではミラベルの栽培が難しいので、なかなか出会うことができず
念願叶い、本当にうれしかったです。

旧市街を散策しながら、パティスリー・サン・エプヴル Patisserie St-Epvre を訪問。
FIC31.jpg FIC32.jpg

パティシエが飴細工で、アール・ヌーヴォー様式の花瓶を作ってくれました。
FIC33.jpg FIC34.jpg

ベルガモットの香りのするキャンディも有名です。 
FIC35.jpg

その後、ナンシー派美術館を見学。
19世紀にエミール・ガレが中心となって生まれた芸術運動
「ナンシー派」の作品を集めた美術館。
FIC36.jpg

建物もおしゃれ。お庭もあります。
FIC37.jpg

最後はメゾン・デ・スール・マカロン MAISON DES SOEURS MACARONS を見学。
FIC38.jpg

200年以上前から今も口伝により伝統的製法でナンシー風マカロンを作っています。
素朴で、ほっとする味わいのマカロンです。

泊まったホテル・クリスタル Hotel Crystal。
FIC39.jpg

落ち着いた可愛いお部屋でした。
ナンシーの夜も更けていきます。

Staff SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


バガテル公園(その2)

パリ16区のブーローニュにあるバガテル公園のご紹介の続きです。

色とりどりのバラがとても美しく、絵になる景色ばかり。

bagatelle5.jpg

bagatelle6.jpg

bagatelle7.jpg

bagatelle8.jpg

広い草地ではピクニックや読書、お昼寝をする人など、
皆さん思い思いに過ごしていました。

bagatelle9.jpg

慌ただしい日常から離れてリフレッシュするのにピッタリな場所です。
旅行の合間にちょっと立ち寄って、ゆっくりするのも良いですね。

Staff ONODA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り(2)

【マルシェ】(その2)

パリでは、日曜の朝に開かれるマルシェが何カ所もあります。


marche7.jpg
牡蠣は品種や大きさが様々。


marche8.jpg
お惣菜の量り売り。



marche9.jpg
さすがチーズ大国。種類が沢山あって迷います。

marche10.jpg

marche11.jpg
皆さんお店の人に相談しながらお買い物。


パリに滞在される際、地元の人に混じってお買い物してみてはどうでしょうか。
日本では見かけない食材が発見でき、
フランスの生活感が味わえるのでお勧めです。

Melle ONODA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


成人式

今年も全国各地で 「成人式」 が行われ
華やかな いでたちで集う新成人が テレビ等で紹介されていましたね。

特に女性は 思い思いの振り袖に身を包み まさに晴れ姿
毎年流行があり 着物の柄は勿論 帯の結び方
ヘアースタイルや小物まで 個性豊かで目移りしそう。

今年は姪も 「成人式」 を迎え振り袖を着ました。
この振り袖 今から数十年前 私が20歳の時
伯母が誂てくれたものです。

伯母は着物が大好きで 贔屓にしていた呉服店に立ち寄ったところ
日舞の発表会用に仕上がったばかりの手書き友禅の振り袖を
たまたま目にして 思わず一目ぼれ

同じものを私の 「成人式」 用に注文し
大急ぎで誂てもらいました。 
 
以来 この振り袖 次は妹が着て 最近は娘が袖を通し
今年は姪で 2世代4人が身を包み 記念写真を撮りました。

和服は多少体格が違っても 各々着こなすことができるのが
洋服とは全く違うところで とても実用的。
流行はあるものの 何代にも渡って着続けることができるのも
大きな利点です。

そんな素敵な着物姿も 最近は特別な行事の時くらいしか
目にしなくなりました。

ご多分に洩れず わが家にもタンスの肥やしになっている着物が・・・
着付けを学び いつでもさっと自分で着れるようになりたい。

いつかフランスで 着物姿で歩いていたら 
思わず振り返られるかもしれませんね。

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


パリ便り

2015年 新年のパリ です。

paris1.jpg

今年は暖冬といわれているパリ
どこを撮っても 絵になるのは冬も同じですね・・・
paris2.jpg

あんな悲惨な事件があったとは思えないほど、、、、
現地はあまり危機感ムードは感じられないです。

T I


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フィンランド2014

10月上旬にフィンランドに行ってまいりました。
出発前に現地の気温を調べたら、最高気温12度ぐらい、最低気温はマイナスになる日もあるってことで、日本の冬と同じか…と覚悟していったのですが、天気もよく、日中は日差しも暖かく、それほど寒さは感じませんでした。
建物の中などは暖房がちゃんと入っているので、室内はかなり暖かく、厚着をしていると汗をかいてしまうくらいです。

さて、今回は友達に会うため、トゥルク(Turku)という町に行ってきました。
トゥルクはフィンランド最古の都市で、中世の面影の残る美しい街です。
fin2.jpg
街の中心にアウラ川という川が流れていて、夏には川沿いに停められた船のレストランや
カフェで楽しむ人でにぎわっていますが、秋はやはりひっそりして静かでしたね。
友達は、トゥルクは絶対夏に来たほうがいい!と言っていましたが、
秋は秋で、紅葉した木々がきれいで、趣がありました。

また、トゥルクの隣町、ナーンタリにも行ってきました。
fin3.jpg
ナーンタリは小さい町(村?)ですが、ムーミンワールドがあることで有名です。
小さい島にムーミン一家の住む村を再現し、ムーミンの仲間たち(着ぐるみ人形)が歌ったり踊ったりする、主に子供向けのアトラクションですが、営業は夏の間だけで、日本人観光客も多く訪れるらしいです。
街中には、小さなかわいいお土産屋さんやカフェもありましたが、やはり秋で日曜日ということで、お店もほとんど閉まっていてひっそりとしていました。残念…。
fin4.jpg
ムーミンといえば、今年はフィンランド人の作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年で、
いろいろなところでイベントが開かれたり、記念グッズが販売されたりとお祝いムードでした。
fin1.jpg
日本でも、デパートで展覧会が開かれたりして、盛り上がっていました。
日本にもかなりムーミン好きが多いですが、ムーミンは世界中で愛されているのですね。
ナーンタリにはムーミンワールドだけではなく、5つ星のスパホテルもあるので、
次回はぜひそのスパホテルに滞在して、ゆっくり過ごしてみたいなぁと思いました。


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


Marks&Spencer Food

今回は、最近人気を集めているお店をご紹介。
“Marks&Spencer”はイギリスのファッションブランドで、
パリ市内にも幾つかブティックがあります。
最近では” Marks&Spencer Food”という名で、
プライベートブランドの食品のみを扱う店舗が新たに登場しつつあります。
日本のコンビニのような感覚で、お昼休みにさっと買ってすぐに食べられるので、
便利で好評です。

MS1.jpg
グリーンのロゴが目印。

MS2.jpg
温めて食べられるお惣菜の種類も、洋食・イタリアン・和食・中華・エスニックと豊富。

MS3.jpg
チーズも充実しています。

MS4.jpg
ミューズリーの種類も沢山。

MS5.jpg
勿論、紅茶の種類も豊富。並んだパッケージも可愛いです。

プライベートブランドだけで構成されているのが凄いですね。
パリ市内の店舗数も拡大していくようなので、
これからパリ市民の生活に益々根付いていくかもしれません。
パリにいらっしゃったら、ちょっと覗いてみてはどうでしょうか。

Melle ONODA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


リニューアルのギャラリーラファイエット

【ラファイエット・グルメ】
パリのショッピングに欠かせないデパート、ギャラリー・ラファイエットは有名ですね。
その中で、食品を扱うラファイエット・グルメが先日リニューアルオープンしたので、
早速行ってきました!

今まではメンズ館の2階に位置していましたが、
道路を挟んで向かい側のメゾン館へお引っ越し。
1階はお菓子・お惣菜、地下は生鮮食品やエピスリーです。

Lafayette1.jpg
新しく入ったブーランジェリー”LIBERTE”。パティスリーも美味しそう。

Lafayette2.jpg
エクレア専門店 ”L’éclair de Génie”も新登場。

Lafayette3.jpg
キャビア専門店”PETROSSIAN”。色鮮やかで目立ちます。

Lafayette4.jpg
イートインスペースを併設しているコーナーも幾つかあります。
お昼時はとても賑わっていました。

Lafayette5.jpg
地下は生鮮食品もあります。

Lafayette6.jpg
コンフィチュールや紅茶の品揃えも豊富。

Lafayette7.jpg
ディスプレイも美しいですね。

新しくなったラファイエット・グルメ。21:30まで営業しているのも嬉しいポイント。
パリのお土産探しにピッタリの場所です。

【le Lafayette Gourmet】
35 Boulevard Haussmann‬ 75009 Paris‬


Melle ONODA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


メッス(その2)

<ノートルダム教会>
エメラルドグリーンの扉が目を引く教会。
メッス派を代表するロラン=シャルル・マレシャルのステンドグラスが見所。
metz7.jpg
metz8.jpg

<サン・マキシマン教会>
小さくて可愛らしい教会。ジャン・コクトーが手掛けたステンドグラスがあります。
metz9.jpg
metz10.jpg
宗教画ではなく、アフリカの仮面・植物・魚などがモチーフになっていて、
全体がブルーで統一されています。
とてもデザイン的で、他の教会とは違う雰囲気が素敵でした。

<サン・マルタン教会>
15世紀のステンドグラスがあり、古くて趣のある教会。
metz11.jpg
こちらもロラン=シャルル・マレシャルによる、
サン・マルタンの一生を描いたステンドグラスが見所。
まるで絵画のようで素晴らしかったです。

<ポンピドゥ・センター・メッス>
metz12.jpg
ユニークなデザインの建築は、ジャン・ド・ガスティーヌと坂茂の
日仏共同チームによる設計。
フロアごとに様々な現代アートの展示が行われていました。
広い空間を活かしたディスプレイも面白かったです。
古い物と新しい物が上手く融合している、魅力的な街。
一日かけて、ゆっくりステンドグラス巡りも良いですね。

Melle ONODA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


メッス(その1)

Metz 〜街歩き編〜

メッスではバスが走っていますが、歩いて回れる大きさの街です。
歴史的建築物だけでなく、中心街にはブティックやカフェ、レストランも充実。
活気がありながら落ち着いた雰囲気で素敵な街です。
metz1.jpg
お菓子屋さんでもミラベルは定番。

metz2.jpg

メッスには美しいステンドグラスの見所が幾つもあるのでご紹介します。

<サン・テティエンヌ大聖堂>
metz3.jpg
街のシンボルでもある大聖堂はゴシック建築の傑作。
1220年から1550年までの300年間を費やして建造されたそうです。

metz4.jpgmetz5.jpg
高さ42mもある身廊は圧巻。
また、内部にある総面積6500㎡のステンドグラスも見事です。

metz6.jpg
特にシャガールが手掛けた部分は素晴らしく、
微妙に色調の異なるブルーがとても美しかったです。

Melle ONODA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/



カレー

盛夏とは言え ここ最近 猛暑を過ぎて 酷暑とも言える日が続くと
冷たいものばかり飲んでしまい 食欲が落ち気味になります。

こんな時 わが家で登場するのが 夏カレー。
   
玉ねぎと人参をベースにして 生姜の効いたカレールーを作り
オリーブ油で炒めたナスやズッキーニにパプリカ 
湯がいたインゲンやオクラ等
各々好きな夏野菜をトッピングして いただきます。

ライスは十六穀米にすると 目先も変わり 栄養満点。
カレーの何とも言えない香りに誘われて 俄然 食も進みます

先日言ったカレー専門店では 
ジンジャーライスとジャスミンライスがありました。
   
ジンジャーライスは 千切りにした生姜にクミンシードのような
小さな黒い粒が混じり コンソメ風味の塩味がして
ご飯だけでも いただけそうな美味。
ジャスミンライスは 微かにジャスミンの香りがして 爽やかな風味。
   
インドは 香辛料が豊かな国なのだと実感します。
   
 「インドに次いで カレーが好きなのが日本人」 なんて
なんかのCMで言っていましたが 四季折々楽しめるカレー

皆さんのお気に入りは どんなカレーですか?


スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


下町散歩

東京の下町を歩く機会は あまりないのですが
先日 友人達と 「谷中商店街」界隈を ぶらぶらしてきました

山の手線は よく乗りますが 日暮里駅で降りたのは生まれて初めて。
駅から徒歩で数分も行けば 
昔懐かしい雰囲気の「谷中商店街」に着きます。

まずは 入口辺りにある「茶遊亭」でランチ
お目当ての茶そばは 残念ながらありませんでしたが
デザートの抹茶あずきの かき氷が絶品!
抹茶もさることながら まるで綿菓子みたいなソフトな氷にびっくり!
今まで食べた中で 一番やさしいかき氷でした。

商店街には 竹細工の店や手作り飴やメンチの店等があり
立ち寄るたびに お土産が増えていきます。

私が気に入ったのは 「和栗や」のマロンパイ。
栗の渋皮煮を丸ごとパイ生地で包んだ 手作り感あふれる逸品。
店内でも 栗をぜいたくに使ったスイーツが楽しめます

つづく 「よみせ通り」や三崎坂周辺を歩くと
桐箱の店や 指人形「笑吉」工房があり 
珍しいものばかりで わくわくします。

最後に 「愛玉子(オーギョーチ)」 という名前の店に入り
その名のごとく 台湾産の愛玉子をいただきました。
ライチのような キウイのような形の実物を見たのも初めて!
腎臓の妙薬と言われ 昔は台湾の原住民が 主食にしていたそうです。
本場の愛玉子で 台湾気分を味わいました

決められたコースを いそいそと回るのとは違って
たまには行き当たりばったりで 知らない街を探索するのも 
いいかもしれませんね。

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


草津温泉

先日、久しぶりに温泉に行ってきました。
行ったのは草津温泉
映画「テルマエロマエⅡ」のロケ地として話題になっていましたね。
最近、草津温泉には、いろいろと新しい共同浴場などが建設されているようで、
夏ぐらいにオープン予定のものもありました。
ますます観光客が増えるのではないでしょうか。

さて、温泉ですが、お湯は本当によかったです。
温泉に詳しくない私でも、いいお湯だなぁと思ったくらいですから。
旅館で引かれていたのは、源泉かけ流しの白旗の湯でした。
そのほかに御座之湯という、これも新しくオープンした共同浴場にも行ってみました。
新しいといっても、歴史は古く、ホームページによると、
ここは昔、源頼朝が入浴したことから始まったと伝えられていて、それを再建したようです。
そこでは湯畑の湯と万代の湯の2種類が体験できて、温泉三昧という感じでした。

温泉に行くのも久しぶりながら、毎日忙しくてシャワーですませていて、
湯船につかるのも相当久しぶりだったので、お湯につかったとき、
本当に「あ~、極楽極楽」と心の底から思いました。
今回、湯船につかるって大事なことなんだとあらためて感じました。
シャワーだから、日々の疲れが全然とれないのかもしれません…
日本には、すばらしい温泉地がたくさんあるのだから、
これからはできれば頻繁に行きたいと思いました。
そして、毎日ゆっくりと湯船につかれるような余裕のある生活をしたいものです。


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ポタジェ

春が来たかと思ったら もう すっかり若葉の季節。
  
わが家は郊外なので 周辺をドライブしていると 
あたり一面 緑 緑 緑・・・と続き 思わず深呼吸したくなります

早くも田圃には水が張られ 田植えの時期がやってきました。
フランスには 日本のような水耕栽培ってあるのでしょうか。
アジア特有の景色のような気もします。  
  
ドライブついでに 友人宅に寄ってみると 
庭の垣根に スイトピーのような白い可愛い花が咲いています。
よく見ると 絹さやが・・・
そう スイトピーではなく 絹さやの垣根でした!
  
友人は庭先を 家庭菜園にして楽しんでいます。
新鮮な野菜を摘んでは 食卓に上るなんていいですね。

以前 フランスで訪れた知人宅では 庭でトマトを栽培していました。
ダイニングテーブルには 採れたての可愛いトマト達
テーブルクロスの素敵なアクセントになっていました。
マダムお手製の青いトマトのジャムも美味でした! 

今年こそ 近くのトマト農園で分けてもらい
緑色のトマトジャムを作ってみたいです。

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


桜とミモザ

桜前線も北上し 日本全国 桜花爛漫 とうとう春が来ましたね。
皆さんは お花見行かれましたか?

私が毎日通る桜並木も 今まさに満開! 
ペールピンクのトンネルを通るたび 幸せな気分になります。

冬の間は じっと寒さに耐え 力を蓄えていたからこそ 一気に花開き 
皆の心を惹き付ける 魅力を持っているような気がします。

風に吹かれて はらはらと舞う花びらに包まれると 
日本に生まれて 本当によかったなと思います。

以前、知人が見せてくれた 
フランスの友人から 送られてきた手紙の中に
ミモザの押し花が入っていました。
  
黄色い鮮やかな色と ポンポンのような可愛らしい形
それ以来 ミモザを見るたび フランスを思い出します。

いつかフランスで 満開のミモザを見てみたいなと思います


スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


恋しいモンサンミシェルのガレット

今年は 雪の当たり年なのでしょうか。
   
例年 千葉は あまり降らないのですが
今月 3回目の大雪となりました。

今まで 「 かまくら 」 なんて 作りたくても出来なかったのに
近所には あちこちにあり 
2階の屋根から落ちてきた雪のせいで 車の天井がへこんだり・・・
   
慌てて靴屋を回っても どこにも長靴はなく スコップも売り切れです。

何回も雪かきしているうちに 指の皮は向けてしまいました。
それを思うと 雪国の人って なんて偉いんだろうと思います。

国は違えど 4年前のちょうど今頃 パリに行った時は 一面の雪景色
ヴェルサイユの庭園も 真っ白に雪化粧していました。

同じ雪でも フランスの寒さは日本の比ではないことを実感!
何枚も重ね着して ホッカイロをばんばん張っても 寒くて寒くて・・・

特に モンサンミッシェルの城壁で 寒風に晒された時は
ほんとに凍死する!と思いました
フランスって 日本より ずっと緯度が高いんですね。
   
モンサンのレストランで 暖炉を前に 隣席の家族が 
シードルを飲みながら ムール貝のバケツをかかえ ガレットをほおばります。

悲しいかな 私はお腹の調子が悪くて 何も食べられず
指をくわえていました。残念!
   
寒さは身に沁みましたが やっぱりフランス また行きたいって思います

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


世界無形文化遺産

新年を迎え 早いもので もう2週間近くになります。

昨年暮れの忘年会はフレンチでしたが
新年会は 和風の懐石料理でした。

初めは 小鉢三種
黒豆豆腐 小松菜と小柱の白和え 紅白なます

どれも薄味で彩りも豊か。

続いて 鯛の昆布〆 牡蠣の蕪おろし煮 とうふしゅうまい
銀だらの炙り寿し 黒毛和牛しゃぶしゃぶ 舌平目のチーズカツレツ
野菜の柚子胡椒グラタンと続きます。

どれも素材の旨みを生かした調理で 美味 美味 美味
   
特に脂の乗った炙り銀だらに カボスを絞っていただいたお寿し
おかわりしたいくらい・・・
チーズカツレツについてきた ミニトマトの天ぷらにもびっくりしました。

締めに出てきた 紅ずわい蟹の炊き込みごはんも
蟹の風味が ふわっと漂い 薄紅色に染まったごはん一粒一粒に
蟹の味が活きています。
もうお腹は一杯なのに 勿体なくて完食してしまいました

金柑アイスと矢羽根ようかんのデザートをいただき
ライトアップされた日本庭園の美しい眺めと 
美味しい料理の数々に 目もお腹も心も満足し
新年のいいスタートとなりました。

そうそう! 
山形のラ・フランスでできた爽やかな甘いお酒も美味しかったです。

日本食が 世界文化遺産に登録されるのも嬉しいですね。
   
海に囲まれ 山や川 肥沃な土地に恵まれているからこそ
食材も豊か。

手先が器用で繊細な舌を持つ 日本人ならではの和食の美しさ。
日本の食文化は アニメ 音楽などと共に 
クール・ジャパンの一つです。

日本食の素晴らしさが さらに世界に広がることを期待します。


スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ジビエ

年の瀬も迫ると 忘年会やクリスマスパーティの時期ですね。
皆さんも ご予定がいろいろあるかと思います。

先日 フランス語で知り合った友人達と 
神楽坂の 「ル クロ モンマルトル」 で 忘年会ランチをしてきました。

友人が予約をしてくれたので 席は確保されていましたが
結構 混んでいました。

ランチは 前菜 メイン デザートにコーヒー 
食事中にはワインがついています。

私は ウサギとポテトのサラダ スズキのポワレ 
梨とピスタチオのタルトをいただきました。

ウサギはパテの瓶詰等 目にしたことはありますが 口にしたことがなく
今回初めての経験でしたが 鳥よりもさっぱりしていて美味しかったです

日本人は ウサギを食べるなんて ちょっとワイルドと思うでしょうが
フランスでは普通の食材なんですね。

以前 代表がフランスの友人宅で ウサギの脳みそをご馳走になったら
美味しかったと聞き ウサギの頭蓋骨を両手でつかみ 
すすっているところを想像したら 
普通の日本人なら 引いてしまうかもしれませんね

でも これって高級料理ですよね。めったに口にできないのですから。
日本でいえば カニみそみたいな感じなのでしょうか。

フランスには 「ジビエ」の季節が根付いているのかなと思いました。

スズキのポワレも デザートも美味しく 店内のフランスの雰囲気も心地よく
ゆったりした楽しいひと時を 味わいました。

飯田橋界隈は いつもフランスの香りがして 大好きな街です。

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フィンランド2013 その3

フィンランドの旅のおまけの話です。
今回、ヘルシンキでは、ほとんどの時間をリサイクルショップ巡りをして過ごしました。
フィンランドではどこの街に行ってもリサイクルショップやセカンドハンドショップがあって、
みんなそこでの買い物を楽しんでいます。
特にヘルシンキには、洋服の専門店や、食器や家具などなんでもそろっている店まで、
さまざまなリサイクルショップがあり、ショップリストまで用意されています。
見るだけでも楽しいですが、掘り出し物が出てくるんじゃないかと思うと
ワクワクしてきます。宝物探し的な感覚ですね。
一緒に行った友達は掘り出し物を見つけるのが上手で、ムーミンの鍋つかみや
今は手に入らないエアラインのグラスなどをゲットしていました。
P1000383.jpg P1000390.jpg
物を大切にし、不要になったらリサイクルショップに寄付し、また新しい人の手に
わたっていく…。さすがリサイクル大国ですね。

さて、話は変わりますが、この建物、なんだと思いますか?
P1000395.jpg
大きなショッピングセンターの前の広場にあるかなり大きな木造建築で、
昨年からあったのは気づいていたのですが、何かの巨大なオブジェと思っていたのが、
実は教会だったのです!なんと美しい教会でしょう。
観光局のHPによると、「忙しい日常の中で心を安らかにする静寂の礼拝堂」で、
誰でも自由に入ることができます。
実際に入ってみました。本当に静かで、木の香りのする心が休まる空間でした。
P1000399.jpg
巨大ショッピングセンターの目の前にこんなに静かな場所があるなんて驚きでした。
また新しいヘルシンキを発見した旅でした。


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


キーウィジャム

もうすっかり 秋めいて来ましたね

先日友人の家に寄ると 庭先のキウイに 
実が鈴なりに生っていました。
   
あまり生りすぎているので 食べきれず 
処分してしまおうと思っていたとのこと。

「そんな勿体ない!」と言うと
たくさん もいでくれました。

まだ固いので リンゴと一緒にしておくと
程良く熟しましたが 出荷用のキウイとは違って
甘みが イマイチ

でも こんなに沢山どうしようとかと悩んでいたら
ジャムにしてみたらどうか?と思いつきました

荒みじん切りにしたキウイに グラニュー糖をまぶし 
ゆっくり煮詰め 最後にレモン汁をかけ回して出来上がり!

キウイのジャムは初挑戦だったので 少々心配でしたが
恐る恐る口に含んでみると 意外と美味しい

パンに付けたり ヨーグルトにかけたり
生のキウイとは違った美味しさ!

フランスでは いろいろなジャムがありますが
わが家でも うれしいレパートリーが増えました。

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フィンランド2013 その2

フィンランドの旅の続きです。
今回は、ポルヴォー(Porvoo)という町に1泊したので、その町の様子をお伝えします。
ヘルシンキからバスで1時間弱の小さな町で、美しい旧市街と赤塗り壁の倉庫群が有名な観光地です。
P1000367.jpg
朝夕は、人が住んでいるのかしら…?と思うくらい静かな町ですが、
昼間になるとバスツアーの観光客がどーっとやってきて、いかにも観光地らしくなります。

B&Bに宿をとったのですが、このB&Bがまたこぢんまりとしてかわいらしい!
旧市街の広場に面した場所にあり、なんだか映画のセットのなかに迷い込んだ感じでした。
P1000352.jpg

ポルヴォーには、多くのアーティストが住んでいるらしく、小さなデザインショップや
アンティークショップ、カフェが並んでいて、見て回るのも楽しいです。
そのひとつのショップで、ひときわかわいらしいデザインのディッシュクロスを見つけました。
P1000423.jpg
お店の人によると、6歳か7歳の男の子がデザインしていて、多くのファンがいるそうです。
新作デザインはいつ出るの?と男の子にたずねると、
「今はサマーバケーション中だから、当分働かないよ!」と言ったらしいのです。
さすが!小さな子どもでも仕事と休暇をきちんと分けてらっしゃる!
働くときは働く、休むときは徹底的に休む……見習わなければと思いました。
フィンランドにお立ち寄りの際は、ポルヴォーの町にもぜひ行ってみてください


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フィンランド2013

今年も9月上旬にフィンランドに行ってまいりました
今年は例年より気温が高く、北のラップランドも18度でもありました。
いつもこの時期は、もう寒いくらいないのにこの暖かさにはびっくりです。
紫外線がすごく強く日焼けがこわいくらいでした。
これも地球温暖化の影響でしょうか…?夏の間もとても暑かったようです。

ということで、今回は天気がよかったため、毎日毎日森歩きをしました。
森歩きというより、岩山を登ったり下りたり、かなりトレッキングに近いものでしたね。
P1000323.jpg
森でも山でもそこらじゅうにブルーベリーが生えていて、もちろん食べ放題なので、
食べてばかりでなかなか前に進めません。
トレッキングコースはきちんと整備されていて、歩きやすくなっています。
P1000258.jpg
おじいさんやおばあさんたちが、ノルディックポールを使いながら、どんどん登っていきます。
山の上には、バーベキューができる場所があって、
みんなそこで「マッカラ」と呼ばれるソーセージを焼いて、
リュックに入れてかついできたビールで乾杯!がフィンランド流です。
P1000264.jpg
おしゃべりをしたり、バードウォッチングをしたり…。
フィンランドのお年寄りたちは、それはそれは元気ですよ~。
今のところ福祉も充実していますし、すぐ近くに自然がたくさんあり、
そのなかで健康的に身体を動かし、お酒を楽しみ…、
私もこんなステキな老後を送りたいとつくづく思いました。



ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


風立ちぬ

スタジオジブリの宮崎駿監督が引退すると聞き
いそいそと 「風立ちぬ」を 観に行ってきました。

静かに 後からじっくりと 胸が熱くなる映画で
その画面の美しさは 日本が世界に誇る 
アニメ文化の究極といった感がします。
   
映画は ポール・ヴァレリーの有名な一節
「Le vent se leve, il faut tenter de vivre。」で始まります。

「風立ちぬ いざ生きめやも」と訳した堀辰夫と
零戦を設計した 堀越二郎の生涯を交錯させた
オリジナルストーリーです。

堀越氏や堀辰夫をよく知らなかったため 
ネットで調べているうちに
ポール・ヴァレリーが1945年 亡くなる直前に
講義しているDVDを見つけ 声を初めて聞きました。

彼が眠るセットーの墓の映像も見つけると
まさに 「風立ちぬ・・・」の一節が出てくる 
彼の長詩 「海辺の墓地」を彷彿とさせます。

一篇のアニメが 地中海を臨む
フランスの小高い丘にある墓地にまで至るなんて
何とも感慨深い。

「何があろうとも この世は生きるに値する」 と
ヴァレリーが伝えたかった思いを
宮崎監督は 「生きねば」 と 一言で表現しています。

時代や国が変わろうとも
皆 思いはひとつなのかもしれませんね
   
久方ぶりに聴いた 荒井由美の「飛行機雲」も
その若い声に びっくり!
自分も 夢がたくさんあった頃を思い出します。
   
「風立ちぬ」
もし機会があれば 
是非 ご覧になってみたらいかがでしょうか。

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ビアガーデンその2

先日またまたビアガーデンに行ってきました。
今度は、麻布十番の森の中です。

麻布十番のビアガーデンということで、
おしゃれなお店でおしゃれな人たちが集っているんじゃないの??
…と思っていたら、なんと森の中の、いい意味で普通のビアガーデンでした。

ビアガーデンは、「東京さぬき倶楽部」というホテルの中にありました。
香川県の方たちの東京の拠点としてつくられた宿泊施設のようです。
うっそうとした、というと言いすぎですが、森の中といった雰囲気です。

緑が多いので、もちろん虫も多く、各テーブルの下には蚊取線香がたかれていました。
いきなりセミが飛んできて、服にブローチのように止まったり…
あまりにも自然の中すぎて、麻布十番にいるということを忘れそうになりました。

メニューは、枝豆やポテトサラダなどの定番メニューのほかに、讃岐名物もありました。
しょうゆ豆という、そら豆をうす皮ごと甘辛く煮たものや、さぬきうどんなど、
おいしかったですよ。
この店、かなり人気らしく、予約がなかなかとれなかったようです。
10月上旬までやっているようなので、機会がありましたらぜひ…。


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ひまわり

先月 初めて宮城に行ってきました。
  
仙台で新幹線を下りると
さすが東北の玄関口 大都会でびっくりしました。

今回は 2年前の「東日本大震災」で多くの小学生が犠牲になった
石巻市の大川小学校を訪れ 
地元の方に 当時の様子を伺ってきました。

北上川を上ってきた津波が 橋に当たり 
校庭から避難しようとしていた子供達を 
あっという間に飲み込んでいったとのこと。

子供達が列をなし 逃げようとした場所には
たくさんの大輪のヒマワリが 空に向かって美しく咲いていました。
最愛の我が子を亡くしたお母さん達が 今年も種を蒔いたそうです。

わずかに残った校舎の前にある献花台に そっと手を合わせると
川を上ってきた海鳥なのか 青空に響く透き通るような鳴き声が
何とも物悲しく 思わず熱いものが込み上げてしまいました。

帰りは雄勝町の仮設商店街に寄り
ささやかな支援になればと思い 海産物を買ってきました。

三陸沿岸をバスで走ると 瓦礫は撤去されていましたが 
震災前は 賑わっていた街の姿は全くなく
ただただ 広大な更地が続くだけ。

「復興」は まだまだ遠いと感じました。
福島の原発事故も なかなか進展に向かわず
これからの日本を思うと 問題は山積です。

2年前の3月11日 震災の様子が世界に発信された時
フランスの友人から 真っ先に安否確認のメールが届きました。
そのうち イタリアやイギリスからも 
お見舞いメールをもらったことが
昨日のことのように思い出されます。

原発事故は 世界の英知を結集してでも 
一刻も早く 解決の目途を立ててもらいたい。

被災された方々も 1日も早く 
心安らぐ日々を暮らせるようになれたらと思います


スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ドイツのハーブ

今や 夏真っ盛り
わが家の小さな庭にも 日の光を燦々と浴びて
ハーブ達が元気に育っています。

今年の新入りは この春 
ドイツから一時帰国した友人から 種を戴いた赤いバジルと
名前は分からないのですが きゅうりの味のするハーブです

赤いバジルは 初めて見ましたが 香りは確かにバジル。
「ダークオパールバジル」 といって 普通のバジルと同じように 
ニンニクや胡桃 オリーブオイルと一緒にブレンダーすると
美味しいソースになります
但し 残念ながら赤い色は消えて 緑になります。
 
バジルは 日本のシソと似ているので
ダークオパールバジルも 赤紫蘇と同じように
真っ赤なジュースもできるそうです。

葉っぱが茂ったら 是非一度試してみたいと思います

キュウリ味のハーブは 見た目は 
サラダ菜を肉厚にしたような葉で 少々もさもさしていますが
噛みしめると 本当に キュウリの香りと味。
チョット不思議な感じがします。
   
友人からは それこそキュウリと一緒にサラダがいいと教わりました。 
水色のきれいな花も咲いて 見た目も美しいハーブです。

土地が変われば 育つ草木もそれぞれ。
新しいものに触れると 食のレパートリーも増えますね

スタッフ:SUGAYA


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ビアガーデン

先日、ちょっとした会があり、明治記念館のビアガーデンに行ってきました。

ビアガーデンといったら、デパートの屋上のビアガーデンぐらいしか知らなかったので、その格調の高さにびっくり。さすが明治記念館です!

まず、美しい芝生の庭園と伝統ある建築物を眺めながら…という最高のロケーション。
緑に囲まれているので、涼しい気がしました。

そして、お料理がまたどれもこれもおいしい!枝豆やフライドポテトだけではありません。
カマンベールのフリットとか、ピンチョスとか、ベトナム風春巻きなどのアジアンプレートとか、お寿司とか…和洋中、おいしい料理がそろっています
やはり少々お高いですが、その日はラッキーなことにおごりだったので…。
私的には、最初に出てきたおつまみ(ドライトマト、ナッツ等)だけでも十分においしく、それだけで飲める感じでしたが。

さらに、優雅なジャズの生演奏やモダンな日本舞踊などのショーもあって、とてもいい雰囲気でした。
そんなおしゃれなビアガーデンで飲んでいると、いったいここはどこなんだろう?と、まるで外国のどこかに旅行に来ているような感覚になりました。

まさか、東京のど真ん中にこんなステキな場所があるなんて…
年に1回ぐらい行ってみたいビアガーデンです。



ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ホーム | 次のページ»