国際バラとガーデニングショウ

こんばんは

最近は、ワーホリ  について書いてましたが今日はお休みです。

皆さんは、国際バラとガーデニングショウをご存知ですか?
今年も開催されます。
5月12日(水)~17日(月)まで
9時半から17時半
西武ドームです。

開催中は約100万輪のバラの花が皆さんをお迎えするとか。
海外からもユニークなイベントとして高い評価を受けてるようです

私は、昨年行きそびれたので
今年こそは・・・
ご興味がある方は、ぜひお出かけ下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/





フランスワーホリ体験記(その3)

今回で、フランスワーホリ体験記のご紹介も3回目になります
今回は、2009年10月に1年のワーホリ滞在を終えて帰国された西田悠子さんの体験記をご紹介します。
滞在先は、アルザスです。

 これからフランスで働き始める方に言えることは 一年という時間は、同じ時間の長さだけれども、この一年間の一日・一日は、言葉では伝えきれない程たくさんの経験ができるということです。
働いている、まさにその最中では、自分の立ち位置が、まだまだわかっていなかったと今は思えることもあります。それは、働き始めたころに比べて、徐々にフランス語がわかると思えるようになった頃、同僚との仕事のやりとりに変化が出てきたのをはっきりと感じました。
 もちろん、今まで仕事を日本でしていた事で、言葉の説明が必要なく、できることも、わかることももちろんあるとは思います。当たり前すぎるとは思いますが、日本で”仕事”をして、言葉が自由に話せなかったら・・。仕事にならない事くらい、簡単にわかることだと思います。場所は、フランスに変わるけれども研修しに行くのでもなく、仕事をしに、させてもらえる機会を得たわけです。
  考えられますか?言葉が十分に通じない外人と、半年も、一年も仕事をすることを。私が、働いていたアルザスの方々は、本当によく働くんです。そして、とても楽しそうに、いきいきと。一緒に働いている人は、よく見ていますよ。 日本で働いていた時に比べて、雑談・仕事の事もすべ含めて、アルザスの方は、よく話を仕事中にします。そのやりとりがとても大切だと、言っていることが大分わかるようになった頃でも、対等に言い合うには私のフランス語は、あまりにお粗末なもので、到底無理でした。
 前に進んでいくために、考えて・悩んで、何でも自分で行動することでしか変わっていきません。だからやってみる。もちろん失敗して、落ち込むことがしょっちゅうでもありますが、実際に自分でぶつかってみて学ぶこと。そこから、自分の中に落ちていくものがある。けれど、それには言葉があると、さらに豊かになることを痛感しました。
 これが、私が言える一つの事です。フランス語ができたほうがいいのではなく、絶対に必要なものなんです。 自分が足りなかっただけに、今から一年間以内の時間がまだフランスで過ごせるのなら、また、これから準備という時間があるのなら、そこに時間を割いてこの一年で充実したものにしてほしいと思います。

ミルジョワ企画のHPでは、
他にもたくさんの方のワーホリ体験記が掲載されています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


フランスワーホリ体験記(その2)

今回のフランスワーホリ 体験記は、
2008年度にヴィッシー&パリに滞在された
Y・Mさんの体験記です。

私は、2008年度のワーホリビザで、2009年の1月に渡仏しました。 2000年に1ヶ月、フランスを旅行した事があり、その時から、日本とは全く違ったフランスの美的感覚が好きでした。といっても、渡仏の計画があったわけではありません。一生に一度、外国で暮らすという経験がしてみたいとは、常日頃から思っていましたが、日本での仕事も忙しく、叶わぬ夢だと思っていました。今回の渡仏は、仕事を辞めようと思い立ち、やめるのであれば、この際、外国で生活してみたいと思い、ワーホリビザに応募した結果です。幸運にも、2008年というフランスへのワーホリビザがたくさん発給された年で、申請したと同時に、ビザ申請許可を取得出来ました。ワーホリビザなら、他の国にもあるのですが、なぜかフランス以外は思いつきませんでした。しかし、思いつきで応募したため、ワーホリの仕組みについても、全く無知で、いろいろな代理店に問い合わせ、一番的を得た意見を下さった佐藤さんに、手配をお願いする事に致しました。
 フランスでは、パリで暮らしてみたいという事、後、ヨーロッパの国々を訪れたい、そして、元々の職業が劇団の裏方だったため、演劇に興味があり、様々な舞台を鑑賞したいと思っていました。しかし、フランス語が全く話せなかったため、まずは暮らしていくための語学、また、いきなり一人暮らしは不安だったので、ホームステイをしたいという希望がありました。佐藤さんからは、ヴィシーという田舎の町のカヴィラムという学校に、3ヶ月通う事を勧められました。出発が1月だったため、1~3月までの間は、寒くて旅行もしないだろうと考え、そして、旅では絶対に体験出来ないフランスの田舎での生活も体験したいという思いから、即断しました。
 何もかもが、順調に運んでいるように思えましたが、その後、申請許可を得てから、ビザを取得するまで、何度在日フランス大使館にファックスしなければならないのかという程、手こずり、日本にいる間から、フランスという国は、生半可ではないと感じさせられました。

 ヴィシーでは、全くのフランス語初心者であったにもかかわらず、出会った人々に恵まれ、たくさんの友人が出来ました。また、私自身が、日本で裏方だった話をすると、多くの方が興味を示してくださり、(その学校に来る日本人は、パティシエなど料理関係の人が、圧倒的に多かったため)その結果、ステイ先のマダムのご家族が、ヴィシーオペラ座の裏方だったと言う偶然も重なり、ヴィシーのオペラ座を見学させてもらえる事になりました。
 当初は、ワーホリビザであるにも関わらず、フランスで働く気は全くなかった私ですが、ヴィシーでの生活が楽しくなればなるほど、旅よりも、生活する事に興味がわき、フランスで暮らすからには、旅行では出来ない体験をしたいと思うようになりました。そこで、一番に浮かんだのが、働く事、私の場合は、劇場での研修でした。また、フランスと日本の演劇環境の違いにも、驚かされる事が多く、せっかく劇場が山ほどあるパリに住むのであれば、劇場で働いてみたいという気持ちが、だんだんと湧いてきました。

 パリへ移ったのが、4月の頭でした。しかし、現実は、そう上手く運ばず、パリでは、ヴィシー程には友人も出来ず、フランス語を話す時は、話さなければならない時で、自分のフランス語の拙さに愕然とする日々が続きました。それでも、劇場に履歴書を送り、研修先を探し続け、5月、やっとひとつ目の研修先が見つかりました。そこでは、7月の1ヶ月間、受付の仕事をしました。仕事と言っても、たいした事はしませんでしたが、劇場の人々と仲良くなれた事が、とても大きな財産になりました。7月の末には、劇場のディレクターとアヴィニヨンの演劇祭にも行き、フランスの演劇の素晴らしさをさらに実感。研修ではなく、本気でフランスの劇場で働いてみたいと思うようになりました。
 さらに、9月からの新しい研修先も決まりました。2つ目の劇場では、演出家と共に働かせてもらえる事になりました。9月当初は、リハーサルを見せてもらえるだけでした。しかし、数々のリハーサルを見学し、気がついた事を手伝っていくうちに、人間関係も広がっていき、最終的には、ずっと一緒に働いていた演出家の作品において、本番の音響を担当させてもらう事もできました。元々の自分の技術と全く違っていましたし、つたないフランス語では、台本についていくのがやっとで、その状態で本番を行うという事は、大変な緊張を伴うものでしたが、今となっては、本当にいい経験をさせていただけたと思います。
 また、他の出演者に、日本公演ができないかと持ちかけられ、数々の日本の劇場にもあたってみましたが、採算が合わず、断念しました。その中で、国を超えて、お金を稼ぐ事は、本当に厳しいのだという事を実感しました。
 他にも、フランスの演劇環境で、もう少しの間、仕事ができないかと、いろいろあたってみましたが、フランス人も仕事を探している中で、ビザが必要な外国人な上に、フランス語もつたないという状況では、結局のところ、就労するには、ほど遠いという結論に達しました。しかし、そのために努力をした事、そして、多くの方が、私にアドバイスやチャンスを与えてくれた事、本当に感謝していますし、貴重な体験になりました。

 私の意見が、参考になるかどうかはわかりませんが、今後、ワーホリで渡仏される方に言える事は、1年という時間は、旅をするには長いけれど、何かを成し遂げるためには、あまりにも短いという事です。特に、フランスは物事の進むスピードが遅いので、余計だと思います。本当に、フランスで働きたいという希望を持たれている方は、渡仏前から、準備をされた方がいいと思います。そして、フランス語は話せるにこした事はない。けれど、仮に話せても、希望の職にはつけない可能性も高い。しかし、給料を気にせず、経験としてなら、研修という事も可能ではあります。資金は充分に用意された方がいいと思います。ワーホリでフランスへ来ても、仕事がなく、滞在費用が足りなくなり、予定より早く帰国される方、また、日本人向けのレストランなどで、当面のお金のための職は見つけても、仕事に追われて、やりたい事が充分にできないと言っている方、たくさんお会いしました。どれだけあれば、十分とは言えないかと思いますが、私は1年の滞在で、全く働きませんでしたので、おそらく400万から500万ほどを使っただけになっています。生活費だけでなく、学校、旅行の費用、後たくさん観劇しましたので、その分もあるかとは思いますが、高級ブランドを買うような事もなく、グルメでもありませんので、おそらく、普通の30代の女性のパリ滞在よりは、慎ましく生活していると思います。今後、ワーホリで渡仏される方に、何か参考になればと思います。といっても、ワーホリでの生活の仕方に、正解がある訳ではないと思いますので、皆さんが、ご自身の希望に添った形で、有意義な1年間を過ごされるために、しっかり日本で準備し、フランスで行動できる事をお祈りいたしております

ミルジョワ企画のHPでは、
他にもたくさんの方のワーホリ体験記が掲載されています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/



フランスワーホリ体験記(その1)

皆さま こんにちは

弊社では、フランスワーホリ体験記をHPで紹介させていただいています。

フランスに行ってから、仕事を探そうと思ってもなかなか見つからないのが現実です
フランスワーホリに失敗されないためにも事前の準備が大切ですよね。

皆さまの参考になればと思い、
今回から 弊社のワーホリ体験記をブログで紹介していきます。
まずは、パリに滞在された田中さんの体験記をご紹介します
 

 思い起こせばフランス行きを決めたのは、今から7~8年前のこと。かなりの時間を要しましたが、今後フランスに関わる仕事がしたいと思い、2008年度のワーホリビザを利用し渡仏しました。この1年を通して得たものは言葉では表現できない程たくさんありますが、フランスという国を知る機会を得られて本当に良かったと思っています。

渡仏後、期限付きの契約でパリ市内のホテルで働かせて頂きました。当初フランス語がままならなかったものの、周囲に助けてもらいながら無事に研修を終えることが出来ました。右も左も分からない状態で仕事経験をさせてもらえた日々は自分にとってチャレンジでしたが、この時期があったからこそ、フランス語力が伸び、その後の自信に繋がり、今の自分がいるのだと思っています。

自分に自信を持って前進する、というのは、人生の上で大切なものだと改めて気付かされました。これは物事に立ち向かっていく中、自身で築いていくものです。周りに何と思われようが、分からないことをどんどん聞いてみてください。フランスは個人社会で冷たいと思われがちですが、必死になっている人には辛抱強く答えてくれます。

その後フランス語を勉強しながら仕事探しをしましたが思うようにいかず、最終的に日系企業での仕事が決まるまでかなりの時間と労力がかかりました。フランス国内の失業率の問題だけではなく、世界的な不況で例年よりも仕事がないのが事実でした。その上、EU権を保有していない外国人で、滞在期間が限られているワーキングホリデー者が働くことができるのは非常に限られたものでした。

フランスで職探しをしたのも経験になりましたが、やはり渡仏後の見通しが決まった状態で出発できるというのは安心ですし、時間とお金を有効的に使うことができると思います。フランスでの仕事探しの現状は本当に厳しいものです。時間とお金を無駄にすることがないよう、準備して出発されることをこの場を借りてアドバイスさせて頂きます。そして、プランが立ったら、失敗を恐れず、自信を持って前に進んで欲しいと思います。Bon courage!

ミルジョワ企画のHPでは、
他にもたくさんの方のワーホリ体験記が掲載されています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/




ノルマンディー印象派フェスティバル

だんだんと暖かくなり、もう春ですね
お友達とお花見の相談などしはじめているのではないでしょうか

私はこの時期になると、何故か旅行に出かけたくなります
いつ、どこに行こうか企画をたてはじめますが、
残念なことに、今年はどこにも行けそうにありませ~ん

もし、行けるなら
2010 年6 ~ 9 月に開かれる
ノルマンディー印象派フェスティバル 
Festival Normandie Impressionniste」 に行きたい!

ノルマンディー地方各地で様々な展覧会やイベントが計画されています。
ルーアン美術館では、モネ、ピサロ、ゴーギャンなどの100点に及ぶ作品の展覧会が催されます。

ご興味のある方は、「ノルマンディー地方観光局資料」(こちらをクリック)
をご覧下さい。

また、オーダーメイドの旅もMJP企画がご相談も承ります。
お問合せは下記まで。。。
france@bonjour-mjp.com

フランス旅行フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


日本チーム初優勝!

男女のペアで洋菓子作りの腕を競う
国際コンクール「モンディアル・デ・ザール・シュクレ

第2回大会が3月6~8日、パリ郊外  の見本市会場で行われました。
なんと日本が初優勝を飾りました 
東京・神谷町の洋菓子店「オクシタニアル」の勝間建次さんと谷道理絵さんのお二人です。

予選を勝ち抜いた11カ国代表が参加。2位はフランス、3位はウクライナでした。
フランスを差し置いての1位。
日本のパティスリー技術、すごいですね 
あめ細工やチョコレートを使った菓子作りの実技を3日間競うそうです。
技術力、芸術性が高く評価されたんですね。

オクシタニアルはマカロンがおいしいお店として有名な洋菓子店。
お客様が増えそうですね 

弊社でワーホリの登録し、パティシエとして頑張っている方たちがいます。
帰国後は、パティシエとして世界で大活躍していただけると嬉しいです。
弊社のHPでは、ワーホリ  の体験を掲載しています。
ぜひ、御覧下さい。

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/



ルノアール展

皆様、こんばんは

以前、「ルノアール展」に行きたいとブログに書きましたが、
知り合いのマダムから、御友人と行ってきましたと
 をいただきました。

なかなか行けずにいるので  羨ましく思いますが、
それより気になったのは、

国立新美術館3階のPaul Bocuse のブラッスリの様子を窺いに行くと
11時には、お目当てのランチに長蛇の列で、びっくりしました!

という内容です。

11時に長蛇の列ですよ

マダムがおしゃるには、

お手頃価格で、味も良かったですよ。
デザートに出たクレーム・ブルュレの表面が、パリパリのキャラメリゼ状態。

だそうです。う~ん。パリパリ、気になります

新国立美術館は、 故黒川紀章氏が手がけた斬新的な美術館です。
機会があったら、ぜひお出かけ下さい。

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/






フランス失業率10%に

皆さま、こんにちは!

今日、フランス失業率10% なんて記事が目に飛び込んできました

フランス国立統計経済研究所(INSEE)が4日に発表した
2009年第4四半期の失業率は10.0%で、
1999年以来10年ぶりの高い水準を記録したそうです。
フランス本土の失業率は9.6%で、前期より0.5%上昇。前年比では1.8%の上昇。
仕事を持っていない人の数はフランス本土で340万人に上るとか。
また、依然として若年層の高失業率傾向は強まっており、15歳から24歳では24.0%にも・・・

日本も失業者が増え大変ですが、フランスも大変です

ワーホリで渡仏する方で、
フランスに行けば、なんとかなるなんて
思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?
こんな状況で、果たして仕事に就けるのか・・・心配です。
フランス人だって仕事に就くのが難しい状況。
日本で事前に準備が必要かもしれませんね。

弊社は、代表のコネクションを使い
フランスでのお仕事紹介せていただいています。
HPには、ワーホリ体験者の体験談載せていますので
詳しくは、HP をご覧ください。


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/



お問合せは下記まで。。。
france@bonjour-mjp.com


世界一

こんばんは 

いま建築中の 東京スカイツリー は御存じですか?

先日、ムッシュ達がこの建築中の東京スカイツリーを
見に行く話題で盛り上がっていました。

何故、建築中なのか
普通は、出来あがってから見に行くものではないでしょうか?

彼らによると、プロセスにも価値がある。
何年、何十年もたった時に建築中のスカイツリーを思い出し語り合うのが良いとのこと。

そんなものかなぁと思いながらも
映画「三丁目の夕日」を思い出し
そういえば、東京タワーの建築シーンがあったなぁと。
あれを見て懐かしく思う方々がいらっしゃたのでしょうね

そうそう。
スカイツリーは、東京タワーの2倍の高さがあるそうです
もちろん、探訪台もあります。
一度は、行ってみたいですね

フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/



お問合せは下記まで。。。
france@bonjour-mjp.com


ホーム