スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マリー アントワネット

フランスの歴史で一番有名な王妃と言えば、日本ではマリー・アントワネットではないでしょうかね。
新刊本「王妃 マリー・アントワネット 美の肖像」を手にしました!

神聖ローマ帝国のハプスブルグ家から、ブルボン王朝へわずか14才で嫁いだアントワネット。
ウィーンを出発し、24泊25日かけてヴェルサイユ宮殿へと向かう一行は57台の馬車で、
随行は250余名にも上ったとのこと。すっごいですね。 想像できませんね・・・・・
ウィーンからベルサイユにくるのに 24泊25日っていうのも すごすぎます。。。。

華麗な花嫁道中の滞在先が、鮮やかな写真と共に紹介されていました。う~~ん興味深々!
この世の贅を尽くした婚礼の新婦が、23年後に断頭台の露と消えるなど
当時、誰が想像できたことでしょう。 
天国を味わう人は地獄を見る覚悟も必要ってことでしょうかね。
天国も味わわないかわり 地獄も知らない方がいいのか さあ~~~~どうでしょう
でもこればかりは 自分の意思ではどうにもならないのかもしれませんね。

王妃の遺髪が編み込まれた指輪と、最期に書かれた手紙を目にした時
アントワネットも歴史の本流に、のまれた1人の女性であったように思いました。

フランス王朝の豪華絢爛たる文化と、その美学に触れる一書ともなりました。
もう一度、ヴェルサイユに行ってみたくなります。
やっぱり 歴史を知って、かの地を訪ねるというのは 本当の旅の醍醐味かもしれませんね。
ヴェルサイユ宮殿が多くの人を魅了してやまないたくさんの悲劇がそこに眠っているからかもしれません。

スタッフ K/S


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/

スポンサーサイト

ナチュラルに生きる

地震の問題以上に 今は 原発が心配ですね。
命がけで作業されている方々に感謝です
世の中がどんどん便利になる一方で
便利な分 その機能が破たんした時は 最悪な状態となることを思い知りました。
自然の力の前には人間は無力ですね。
どんなに最先端技術も太刀打ちはできません。

人間がもう少し謙虚になり 自然と共存できる国づくりを
今こそ考えていく時だと思います。
公共施設の節電、またデパートなどの節電も素晴らしいと思います。
電車の中の電気の節電(Bien) 
また暑い時は窓をあけるようにとのアナウンス(Tres bien)
今の時期 毎年思ってました。 
一番 風がここちよいこの時期にわざわざエアコンをいれるなんて
「なんて無粋なんだろう」と。 
もちろん花粉症なども問題もあるでしょうが、、、

でも 今年は電車に乗りながら 春の風を感じられます(SUPER) 
エアコンの風とは雲泥の差があります。 
きっと もっと自然を大事に エコをしていくと 
花粉症も減少するのではと思います。


ミルジョワ企画のHPでは、
さまざまなフランス旅行情報やワーホリ体験記を掲載しています。
詳しくは、下記のHPをご覧下さい


フランス旅行・フランスワーホリ&留学のことなら 

ミルジョワ企画 http://www.bonjour-mjp.com/index.html


ミルジョワ企画代表のブログ http://millejoiesplanning.blog63.fc2.com/


ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。